<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2017年06月11日  記事ID:1120 DIY

杉足場板の風合いを残して塗装したい時のチャレンジ①

アイデアのポイント

最近ブームの古材の中でも通販なので手に入りやすい、杉足場板古材! そのまま利用したいのですが、内装に使うにはトゲが気になります。 今回は風合いを残しつつ研磨、塗装できるかチャレンジしてみたいと思います。

目次
  1. 購入した足場板
  2. 研磨する
  3. 古材を塗装してみる

材料・道具

<材料>

ワトコオイル(ナチュラル)

適量

足場板古材

切れ端

サンドペーパー 400番

1枚

購入した足場板

いつもはWOODPROさんで購入しているのですが、大人気なようで在庫が無かったため、ウッドハートさんという通販ショップで購入しました。

本当は棚を作ろうと思い古材を購入したのですが、棚受けに使う際にトゲが気になるなと思い、塗装でどうにかできないかと感がてみました。

そこで余った古材の切れ端を塗装して試してみたいと思います。

WOODPROがおすすめ!

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

SKAPA FURNITURE
フォローする

このアイデアのタグ

その他のSKAPA FURNITUREのアイデア (5)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。