ワークテーブル

2017年07月11日  記事ID:1177 DIY

3Wayのサイドテーブルを安く作る方法

アイデアのポイント

立てて使えばサイドテーブル、寝かせて使えばコーヒーテーブルに。二台並べて板を載せれば・・・  過ごし方によって形をかえる、2Way、3Wayなテーブルです。

目次
  1. 作りたい大きさに合わせて設計図をつくり、材料にうつす
  2. 材料を加工する
  3. 組立

材料・道具

<材料>

集成材 350×310

2枚

ベニヤ板 265×130

1枚

1×4材 464mm

3本

12φ丸棒 476mm

3本

12角棒 250mm

1本

8φ丸棒 200程度(短くて大丈夫です。)

1本

ビス 25mm以上

12本

釘 20mm程度

3本

ボンド

適量

ワックス

適量

<道具>

スケール

定規

マルノコ(材料カット時のみ。カット済みの材料の場合は使いません)

エルアングル(マルノコ使用時に使います。材料を切ってある場合には使いません。)

インパクトドライバー

プラスビット(ビス締め用)

12mmキリ

8mmダボ栓用ビット

カンナ(角をとる用です。根気がいりますが、ペーパーでも可能です。)

サンドペーパー

マスキングテープ(12mmの穴を深さ6mm程度であける際に目印としてキリに貼ります)

金槌

ウエス(着古したTシャツとかでも大丈夫です。)

のこぎり(刃がまっすぐの小さいものがいいです。)

作りたい大きさに合わせて設計図をつくり、材料にうつす

ご自宅のソファの高さ等に合わせて全体高さや大きさを変えてください。

ビスの位置なども変わってくる可能性がありますので、注意しながら設計図を書き直します。

ビスを打つ位置、穴をあける位置、縦の部材が合う位置などを鉛筆で薄目に書き込みます。

裏表や左右に注意してください。

材料を加工する

印をつけた場所にそれぞれ適応する穴をあける

集成材表…8mmダボ穴
集成材裏…12mm、深さ6mm程度
ベニヤ板…12mm、貫通穴


※表は完成時外側にくる面、裏は完成時内側にくる面を示しています。

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

我が家限定大工さん

Haluca
フォローする

このアイデアのタグ

その他のHalucaのアイデア (6)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。