ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:131 ハンドメイド

羊毛フェルト フェルトボールのコースター

目次
  1. 1.フェルトボールを作ります
  2. ふりふりごはんボールを使うといっぺんに3個作れます
  3. ケースに羊毛フェルトを押し込みます
  4. ここからは台所のシンクの中で作業しましょう
  5. 鍋に、食器用洗剤を数滴入れた50度程度のお湯を用意します
  6. 指で押し込みながら羊毛フェルトにお湯を染み込ませてください
  7. ケースのフタを閉めます
  8. 台所のシンクの中で振ります
  9. 10回位振るとお湯がなくなります。そしたらすかさず足しましょう。
  10. そして 振ります!
  11. 振り終わったら一個ずつ取り出します
  12. ちょっとお湯につけてしっとりさせます
  13. 両手で挟んで優しくコロコロします
  14. 流水ですすきましょう
  15. タオルで優しく水気を拭き取りましょう
  16. 中までしっかり乾くまで2日ほどかかります。
  17. 生乾きのままだと縫いつなぐとき針がとても刺さりにくいです。
  18. 衛生的にもしっかり乾かしてから縫いつなぎましょう
  19. 2.縫い繋ぎます
  20. 乾かした羊毛フェルトをレイアウトしておきます
  21. 糸は2本どりで用意しておきます。
  22. 最下段ピンクを繋ぎます
  23. 出たところにまた針を刺し、最初の玉結びをしたところから出します。
  24. 玉結びの先は短めに切りましょう
  25. 続けてピンクを5個通します(最初のと合わせて6個になります)
  26. 糸の方向転換をします
  27. 次の列、紫のボールを通します
  28. さらに糸の方向転換をします
  29. さらに紫ボールを通します
  30. ひっくり返して、先ほどの方向転換と同様に次の色を通していきます
  31. 糸が足りなくなったら?
  32. 糸がなくなったら内側のボールで玉結びをしましょう
  33. 玉結びをしたところに針を刺し適当なところから針を出してください
  34. 新しく途中から縫い始めるときは?
  35. ボールとボールの間から針を刺します。
  36. この要領ですべてのボールを縫いつなぎます
  37. 次はこの向きで、下の段から縫いつなぎます
  38. 方向転換の方法は一緒です
  39. 一番下の段を繋ぎました
  40. ここからのボールに針をさすコツ
  41. ボールの真上から刺します
  42. 紫ボール同士を繋いでいる糸が軸となってクルンと回ります
  43. 一番上の段まで繋ぎましょう
  44. 3.ぶら下げる紐をつけます
  45. リボンを20cm用意します
  46. 半分に折って結びます
  47. お好きな角にリボンの輪になってる方を差し込み、下から出します
  48. 下から出した輪に結び目側を通して引き締めます
  49. 完成!

材料・道具

<材料>

羊毛フェルト 6色

各4.2g(0.7g×6個分)

Seria ふりふりごはんボール(お弁当を作る道具を活用します)

1個

縫い糸

0.5〜0.7mmくらいのリボン

20cm

15cm角程度の入れ物(フェルトボールを乾かす時の入れ物です)

中性洗剤(家庭用食器洗剤で可)

適宜

<道具>

鍋(もしくはボール)

ゴム手袋(手で丸める時に熱いのが苦手な方はご用意ください)

タオル

はかり(0.1g単位のもの)

1.フェルトボールを作ります

ふりふりごはんボールを使うといっぺんに3個作れます

0.7gの羊毛フェルトをそれぞれ俵型にまとめておきます。

※以下 ふりふりごはんボールを『ケース』と表記いたします。

ケースに羊毛フェルトを押し込みます

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

Handmade人

IRIMA
フォローする

その他のIRIMAのアイデア (68)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。