<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:167 DIY

プラバンとハギレで作るフラワーコサージュ

目次
  1. 1.花びらの下絵を用意します
  2. 3サイズの花びらの下絵を用意します
  3. 下絵の上にプラバンを載せて書き写します
  4. 水性顔料マーカーで下絵にそってプラバンに写しましょう
  5. 2.プラバンとハギレで本体を用意します
  6. DAISOのデコパージュ専用液をノリ代わりに使います
  7. 下絵を写したプラバンを裏返します
  8. デコパージュ専用液を下絵の上にまんべんなく筆でたっぷり塗ります
  9. その上に布をかぶせて貼ります
  10. 空気を押し出すように綺麗に貼ります
  11. ドライヤーの冷風で乾かします
  12. 乾いたらハサミでカットします
  13. すべての花びらの横を中心に向かって全て切ってから、花びらの輪郭をカットすると切りやすいです
  14. ウェットティッシュで下絵を拭き取ります
  15. これで花びらの下準備の完成です
  16. 3.熱を加えて花びらを成形します
  17. 成形は花びらを裏返して行います
  18. 大・中の花びらの作り方
  19. 大と中の花びらの作り方は同じです
  20. モデラーの丸みを使って成形します
  21. ドライヤーの熱風をあてながらモデラーで花びらを押さえつけて丸みを付けます
  22. 花びらの右側も同様に丸みを付けます
  23. 次に花びらの中心に熱を加えて花びら全体に丸みを付けます
  24. 次に表に返します
  25. 2番目に大きい玉がついたモデラーをあてて 熱風をあてながら押し付けます
  26. ドライヤーを止めたら熱いうちに花びら全体を少し起こして形を整えます
  27. 蕾の作り方
  28. 小さい花びらは蕾になります
  29. 小さめのモデラーを中心に当ててドライヤーで温めます
  30. 一番大きいモデラーで花びらに丸みをつけます
  31. 小さいモデラーを中心に当ててしっかり温め強めに押さえつけます
  32. 数回 グッグッと押すと全体の花びらが持ち上がります
  33. 更に熱を加えてモデラーを押すと蕾のように縮まります
  34. ドライヤーを止めて、暑いうちに手で蕾のようにまとめます
  35. これでパーツの完成です
  36. 4.コサージュに仕立てます
  37. 花を組み立てます
  38. 蕾から順にグルーガンで貼り付けます
  39. 中サイズの花びらに蕾を貼り付けます
  40. 次に中サイズの裏にグルーガンを付けて、大サイズに貼り付けます
  41. 上からしっかり押さえます
  42. グルーガンが熱いうちに両手でコサージュを包み込んで形を整えます
  43. ブローチピンをつけます
  44. グルーガンでブローチピンをつけます
  45. ブローチピンにグルーガンをたっぷり目にのせます
  46. 逆さにした花に押し付けるように貼ります
  47. 完成!

材料・道具

<材料>

プラバン (厚さ0.2mm)

約25cm×10cm

ハギレ

約25cm×10cm

DAISO デコパージュ専用液 オールマイティ

コピー用紙等白い紙

1枚

ブローチピン

1コ

発泡スポンジ(厚さ1cm 縦10cm×横10cm)

1枚

紙袋

水性顔料マーカー(ポスカなど)

ウェットティッシュ

<道具>

3Dモデラー

ドライヤー

ハサミ

グルーガン

定規

コンパス

1.花びらの下絵を用意します

3サイズの花びらの下絵を用意します

中心の円から内側には切り込みが入らないようにします。
それぞれの直径で円を書き、5等分(それぞれの角度72°)の花びらを書きます。
揃えて書くことはありません。
一枚一枚の花びらが多少違うほうが可愛いと思います。

下絵の上にプラバンを載せて書き写します

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

Handmade人

IRIMA
フォローする

このアイデアのタグ

その他のIRIMAのアイデア (63)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。