<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:201 ハンドメイド

ミニチュア 焼き餃子の作り方【中級】

目次
  1. 材料の準備
  2. ニラ、白菜、豚ひき肉
  3. 樹脂粘土を着色します
  4. 白菜のポイント
  5. 乾燥させます
  6. 粘土をカットします
  7. 豚ひき肉のポイント
  8. 餃子の皮
  9. 樹脂粘土で皮を作ります
  10. ブラックペッパー ※省略可
  11. 色鉛筆を粉末状にします
  12. 餃子づくり
  13. 皮に具を包む
  14. ここが中級の作業です
  15. 焼き
  16. 焼色を付けます
  17. 完成

材料・道具

<材料>

樹脂粘土(無着色) ※ダイソーで購入できます

水彩絵具(あれば透明水彩絵具) 白、黒、茶、おうど色、黄、緑

綿棒

牛乳パック(クリアファイル可、あればペーパーパレット)

水性ニス

小皿(豆腐の容器など使えそうなものなら何でも)

両面テープ

<道具>

色鉛筆 黒、茶

ハサミ(できるだけ刃先が細いもの)

ピンセット

紙やすり

ラップ

爪楊枝

耳かき

マドラー

当レシピに関心を持っていただきありがとうございます。


こちらは繊細な作業をする工程が含まれている【中級】レシピになります。
100円ショップなどでも手に入れることができる材料や道具を使います。
分量は作るサイズや量によって異なりますが、基本的に少量で大丈夫です。

本来あるべきお皿などの小物類は、
別レシピとして今後ご紹介していきますので、そちらをご覧ください。

わりと大雑把に作っていただいても大丈夫です。
自由な発想でアレンジしてください。
上達のコツは写真や実物をじっくり観察すること!工夫次第でリアルな表現が可能ですよ!

材料の準備

まず、本物の餃子の具材を考えます。
その中で、表現に必要不可欠で、限られた材料と道具で作ることができるものとして、

・ニラ
・白菜
・豚ひき肉

を選びます。

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

リアルミニチュア作家

おなか
フォローする

このアイデアのタグ

その他のおなかのアイデア (1)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。