<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:205 ハンドメイド

Seriaの桐箱リメイク!ボタニカル調小物入れの作り方

目次
  1. 1.ウッドケースを着色する
  2. ヤスリがけをします
  3. Seriaの桐箱を用意します
  4. 着色する面すべてヤスリがけします
  5. ヤスリをかけたら乾いたタオルで綺麗に拭きます
  6. アクリル絵の具で着色する
  7. 小さなカップにアクリル絵の具を出しておきます
  8. フタの上部を塗ります
  9. ドライヤーで乾かします
  10. 側面を2面ずつ塗って乾かします
  11. 側面4面とも塗ったら2度塗りします
  12. 2度塗りすると写真のように綺麗に塗り上がります
  13. 箱本体もフタと同様に2度塗りします
  14. 全体が塗れました
  15. 2.転写シートで箱に絵をつける
  16. Seria転写シートを用意します
  17. 使いたい部分をハサミで切り取ります
  18. 転写シートの裏には薄いフィルムが付いているので必ず剥がしましょう
  19. 自分の好みでレイアウトします
  20. 側面の花を木の棒でしっかりこすったら、蓋の上部側に残りの花を折り曲げ、こすって転写します
  21. こすり終わったら静かにフィルムを剥がします
  22. フィルムを剥がしたら指でこすって浮いている部分もしっかり転写します
  23. フタと本体をまたいで転写した場合は境目にカッターの刃を入れて転写した絵を切ります
  24. 文字などの細かいものは、フィルムをはがしながら擦りながら慎重に転写しましょう
  25. 底以外に転写しましょう
  26. 3.金具をつける
  27. コーナー金具をつける
  28. Seria コーナー金具(4P)を2パック用意します
  29. コーナーに金具を当ててネジが入る位置に目打ちで前もって穴を開けておきます
  30. 付属のネジを使ってドライバーで留めます
  31. すべての角に取付けましょう
  32. 蝶番を付ける
  33. ホームセンター等で売っている蝶番を使います
  34. 穴の位置が真ん中の線より5mm以上開いている物を使用しましょう
  35. 箱の背面に蝶番を置きます
  36. 付属のネジで仮止めします
  37. 次に対角線側を仮止めします
  38. すべてのネジを仮止めしたら、仮止めと同じ順で締めていきいます
  39. 仮止めすると写真のように箱の中側にネジの先端が突き出ています
  40. 蝶番の突き出たネジをデコる
  41. メラミンスポンジと布を指定のサイズで用意します
  42. ネジ2本に対して布を巻いたメラミンスポンジ1個を使用します
  43. 短い辺を先に貼ります
  44. 布で包むように貼り付けます
  45. 反対側も同様に貼ります
  46. 次に長い辺を貼ります
  47. 縦の線に合わせるように布を立ち上げ、まち針で止めます
  48. 右側も同様にまち針で止めます
  49. ボンドを塗って貼り付けます
  50. ボンドが乾くまで待ちましょう
  51. 同じものを2個作りましょう
  52. ボンドが乾いたら箱に取付けます
  53. つけた痕を目打ちで刺して穴を大きくしておきます
  54. 全面にボンドを塗ります
  55. 目打ちで開けた穴に合わせてネジにかぶせてしっかり貼ります
  56. 2個とも貼りましょう
  57. 留め金をつける
  58. 留め具と付属のネジを用意しましょう
  59. 本体に仮置きします
  60. 他の金具と同様、目打ちで穴を開けておきます
  61. 蝶番をつけた時と同じように全て5mm程浮かせるように仮止めして、後から全部を一度に締めます
  62. ネジを全て仮止めした状態です
  63. 全てしっかり締めましょう
  64. これで留め具が付きました
  65. ハンドルをつける
  66. ハンドルを用意します
  67. 箱の中心に鉛筆で印をつけます
  68. ハンドルを仮置きしたら鉛筆でネジが刺さる部分の箱側に印をつけます
  69. ハンドルのネジが刺さる部分の外形を測って2で割ります(ネジの中心位置がわかります)
  70. ネジ穴の中心の印を2箇所ともつけましょう
  71. つけた印を目打ちで刺して穴を開けます
  72. 目打ちをグリグリ回しながら刺します
  73. 裏から突き出て木が少し割れていても大丈夫です
  74. 開けた穴にネジを挿してハンドルをつけます
  75. 目打ちで穴を開けた時のワレはネジの頭で隠れました。
  76. これで全ての金具の取付完了です
  77. 完成!

材料・道具

<材料>

Seria ウッドケース 桐 四角

1個

Seria 転写シール13 ボタニカル調

1シート

Seria アーチ型留め金 古色仕上げ

1組

Seria コーナー金具 4P

2パック(計8個)

Seria アーチ型ハンドル Bronze

1個

家具用蝶番 (51mm)(ネジ入り)

1個分

アクリル絵の具

1色

メラミンスポンジ(縦2cm×横6cm×高さ1cm)

2個

ハギレ(薄手の綿の布)(5cm×9cm)

2枚

手芸用ボンド

乾いたタオル

<道具>

紙やすり (細目)

平筆

プラスドライバー

ドライヤー

カッター

目打ち

爪楊枝

鉛筆(もしくはシャープペン)

まち針 (2本)

1.ウッドケースを着色する

ヤスリがけをします

Seriaの桐箱を用意します

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

Handmade人

IRIMA
フォローする

このアイデアのタグ

その他のIRIMAのアイデア (63)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。