<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:253 ハンドメイド

3匹のおネムな動物マグネット

目次
  1. スケッチブックにデザインを書いておきます
  2. それぞれのパーツを付ける時の目安になるので書いておくと作りやすいです
  3. 1.土台を作る
  4. 発泡スチロール球をカットした物を芯にして土台を作ります
  5. 発泡スチロール1個を半分に切って芯にします
  6. 円周にそって線があるのでそれを目安にカッターで半分切ります
  7. 基本の土台の作り方 1《発泡スチロールの包み方》
  8. クマの材料で説明していきます。
  9. 羊毛フェルトを少しずつ裂いてほぐします
  10. 裂いたものを重ねまとめて、直径8cm位のマルになるように置いていきます
  11. 半分に切った発泡スチロールをくるみます
  12. 次に上下で包みます
  13. 合わせ目をニードルで刺して軽く固めます
  14. 次に四角の角を対角線で持ち、先程と同様に包みます
  15. ニードルで仮止めしながら包みます
  16. もう一方の対角線もニードルで刺し止めながら包みます
  17. これでなんとなく発泡スチロールにそって羊毛フェルトがまとまりました
  18. 基本の土台の作り方 2《全体の羊毛フェルトの刺し方》
  19. 包んだ合わせ目(平らな面)を下にします
  20. 刺し方 A
  21. 刺し方 B
  22. 刺し方 C
  23. 横から見ると山型になります
  24. 刺し方 D
  25. ここまでで半球の形がキレイに出てきます
  26. 一度ひっくり返して 裏(平らな面)を刺します
  27. 外側から中心に向かって刺しましょう
  28. またひっくり返して平らな面を下にします
  29. 表に返したら、刺し方Cで刺しましょう
  30. 裏に返します
  31. 刺し方Cでしっかり刺しましょう
  32. 全体で浮いているところが無いように修正します
  33. これで土台の完成です
  34. ウサギとブタの土台も同様に作ります
  35. ブタの土台分量
  36. ウサギの土台分量
  37. 2.耳を作っておく
  38. くまの耳の作り方
  39. クマ耳用羊毛フェルト0.1gを2つ用意します
  40. 1つを幅3cm長さ8cm程に広げます
  41. 横からクルクル巻いて、合わせ目をニードルで刺してとめます
  42. 上から潰すように全体を刺し固めます
  43. 耳のカーブにそって周囲を刺します
  44. 周りを刺したら更に全体を刺し固めます
  45. 耳の中側が凹むように集中して刺します
  46. へこんだところに少量の羊毛フェルト濃茶を置き刺し固めます
  47. これを2つ作りましょう
  48. ブタの耳の作り方
  49. ブタ耳用羊毛フェルトは0.1gを2つ用意します
  50. ブタ用の耳は幅4cm長さ12cm程度に広げます
  51. クマと同様横からクルクル巻いて刺しとめます
  52. 全体を刺して平らにします
  53. 右上から刺した後に左上から刺すと三角になります
  54. 全体を刺して更に刺し固めていきます
  55. 再度先程と同じように右上からと左上から刺し三角にを整えます
  56. これを繰り返し厚さ5mm程度になるまで刺し固めます
  57. 最後に下から刺し三角の底辺を作ります
  58. これを2個作りましょう
  59. ウサギの耳の作り方
  60. テクノロートとウサギ耳用羊毛フェルト0.1gを2つ用意します
  61. テクノロートは 耳1つで7cm使用します
  62. 7cmに切ったテクノロートを半分に曲げます
  63. 曲げたものをそのまま下で交差させます
  64. 一度ねじって止めてください
  65. 耳用羊毛フェルトを出来るだけ細長く広げ用意します
  66. テクノロートのねじったところから巻きつけていきます
  67. テクノロートの上部から羊毛フェルトが少しはみ出るくらい巻きましょう
  68. 上部のはみ出た羊毛フェルトを下に向かってたたみ、刺し固めます
  69. 根元を刺し固めます
  70. まだエビフライのようにふっくらしているので、これを平らにしていきます
  71. 全体を刺したら、周囲を刺します
  72. クマの耳と同様に耳の中を凹ませます
  73. 凹ませたところに薄いピンクを少量のせて刺し固めます
  74. 3.組み立てて顔を作る
  75. 口周りを作る(ブタは鼻をつけておく)
  76. クマとウサギには口周りが付きます
  77. 回りから中心に向かって周囲を刺します
  78. 再度上から刺して、周囲を刺すを繰り返します
  79. 土台に置いて大きさを調整しながら刺していきましょう
  80. ちょうどよい大きさになったら周囲から土台に刺しつけていきます
  81. 周囲を刺して土台につけたら全体を刺し固めます
  82. ウサギも同様につけましょう
  83. ブタに口周り羊毛フェルトはいりません
  84. 口周りと同様に周囲から刺します
  85. 耳を凹ませた時と同じように鼻の穴を刺し固めます
  86. 鼻の穴に薄茶色の羊毛フェルトを極少量のせて刺し固めます
  87. 目をつける
  88. 黒い羊毛フェルトをゆっくりひっぱって細長く引きちぎります
  89. これを撚って毛糸のようにします
  90. 顔の中心から外に向かって目のラインを刺しつけます
  91. 調度よいところで羊毛フェルトをハサミで切ります
  92. 鼻をつける
  93. 少量の濃い茶色を小さく丸めて鼻にします
  94. 耳をつける
  95. 耳をつけます
  96. クマの耳はのりしろ分を残しているので、うらから本体に馴染むまで刺し固めます
  97. ウサギの耳は仮置きしてチャコペンで印をつけます
  98. チャコペンで書いた印をハサミで切ります
  99. 耳の先端に手芸用ボンドを付けます
  100. 切り込みに耳の先端を差し込みます
  101. ブタの耳はクマの耳よりも少し前側に刺しつけます
  102. つけたら、前に倒すように半分に耳を折り、耳の先を刺し固めます
  103. ほっぺを付ける
  104. 少量の薄ピンクを2つ用意します
  105. ピンクの羊毛フェルトはあまりまとめずふわっとしたままほっぺに刺しつけます
  106. つけまつげを付ける
  107. 100均のつけまつげを使用します
  108. ハサミでまつげが5mmくらいになるようにカットします
  109. 目のラインに合わせて仮置きしカットしておきます
  110. ピンセットでまつげ部分を挟み、つけまつげの根元に手芸用ボンドを爪楊枝で塗ります
  111. 目のラインにそって貼り付けましょう
  112. マグネットを付ける
  113. マグネットの裏に手芸用ボンドをたっぷりのせます
  114. 動物達を逆さにしてマグネットを貼り付けます
  115. 完成!

材料・道具

<材料>

◉クマ用本体    羊毛フェルト 薄茶色

1.2g

◉クマ用耳鼻    羊毛フェルト 濃茶

少々

◉クマ用ほっぺ   羊毛フェルト 薄ピンク

少々

◉クマ用口周り   羊毛フェルト 白

0.1g

☆ウサギ用本体   羊毛フェルト 白

1.3g

☆ウサギ用耳ほっぺ 羊毛フェルト 薄ピンク

少々

☆ウサギ用鼻    羊毛フェルト 濃茶

少々

☆ウサギ用耳    テクノロートW13000(藤久株式会社)

14cm

▲ブタ用本体    羊毛フェルト 薄ピンク

1.3g

▲ブタ用鼻     羊毛フェルト 薄茶

少々

▲ブタ用ほっぺ   羊毛フェルト 赤

少々

《共通》 目    羊毛フェルト 黒

少々

          つけまつげ 

3つ

          発泡スチロール球 直径3cm

2個

          DAISO 強力マグネット25P

25個のうち3個

手芸用ボンド

<道具>

ハサミ

定規

ニッパー

カッター

爪楊枝

ピンセット

羊毛フェルト用ニードル 極細

羊毛フェルト用マット

スケッチブックにデザインを書いておきます

それぞれのパーツを付ける時の目安になるので書いておくと作りやすいです

1.土台を作る

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

Handmade人

IRIMA
フォローする

その他のIRIMAのアイデア (63)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。