<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年09月07日  記事ID:420 ハンドメイド

ダイソーの時計をアンティーク風にリメイク

目次
  1. 取っ手がとれてしまった壊れた鍋の蓋です
  2. ダイソーさんの壁掛け時計です
  3. ちょうど良いサイズです!!
  4. 1.壊れた鍋の蓋を塗装します
  5. ガラス部分養生します
  6. 全体的にやすりをかけていきます
  7. アクリル絵具で塗装します。
  8. ムラは気にせずどんどん塗っていきます。
  9. 乾かします。
  10. この時チェーンも一緒に塗っておきます。
  11. 2.時計の中にフェイクフラワーを付けます
  12. 裏側のネジを外していきます。
  13. ガラスを取り除きます。
  14. フェイクフラワーを根本からニッパーでカットします
  15. 分解します。
  16. 切り込みを入れて、中心を少し丸く切ります。
  17. 2枚作ります
  18. 両面テープで仮り留めをします
  19. 時計にはめ込みます。
  20. 浮いている花びらはグルーガンでしっかり留めていきます
  21. 3.棚受け、時計、蓋をアンティーク風に加工します
  22. ダイソーさんの棚受けです
  23. ブライワックスです!!
  24. 棚受け、時計をやすりでこすります。
  25. 布切れでブライワックスをつけます。
  26. 鍋の蓋にも付けていきます。
  27. いい感じになりました!!
  28. 4.ボンドとグルーガンで時計と蓋を固定します
  29. こちらを使用しました。
  30. 鍋の蓋、時計両方にボンドを塗りました。
  31. 蓋の穴と時計の三角部分とを合わせて貼り付けます。
  32. しっかり押しつけて、最後はグルーガンでしっかり留めていきます。
  33. ボンドが乾いたら時計部分を戻します。
  34. このような状態になります!!
  35. 5.チェーンを付けて棚受けに掛けます
  36. 蓋の穴にチェーンを通します。
  37. 時計を設置したい場所に棚受けをつけます。
  38. 電動ドリルでしっかり穴を開けてから付属のネジで留めていきます。
  39. ひっかけて、完成です!!

材料・道具

<材料>

ダイソーの壁掛け時計白

1

壊れた鍋の蓋直径30㎝位の物

1

ダイソー棚受け

1

ダイソーフェイクフラワー

1

養生用テープ

適量

アクリル絵具 白

適量

ブライワックス ジャコビアン

適量

チェーン30㎝位の物

1

グルーガン クリア

布切れ

プラスチック用ボンド

単三電池

1

<道具>

カッター

はけ

プラスドライバー

ニッパー

両面テープ

やすり中目

電動ドリル

取っ手がとれてしまった壊れた鍋の蓋です

何度かネジを締め直して使っていたのですが、ついに取っ手が割れてしまいました。
何かに使えないかな、、と考えていたところ‥

ダイソーさんの壁掛け時計です

ちょうど良いサイズです!!

こちらを使って作っていきたいと思います。

1.壊れた鍋の蓋を塗装します

ガラス部分養生します

養生テープを貼っていきます。

いらない部分はカッターで切り取ります。

全体的にやすりをかけていきます

中目を使用しました。

アクリル絵具で塗装します。

少量の水で溶いて塗っていきます。

ムラは気にせずどんどん塗っていきます。

乾かします。

この時チェーンも一緒に塗っておきます。

私は忘れていて、後から塗りましたがここで一緒に塗ると良いと思います。

2.時計の中にフェイクフラワーを付けます

裏側のネジを外していきます。

ネジは無くさないように注意して下さい。
私はよく、無くしてしまいます。

ガラスを取り除きます。

蓋にガラスがついていますし、少しでも軽い方がよいので今回は取り除きます。

フェイクフラワーを根本からニッパーでカットします

分解します。

手で簡単に外れます。
使うのは大小一枚ずつです。
残りは勿体無いので組み立て直してグルーガンで留めました。

切り込みを入れて、中心を少し丸く切ります。

2枚作ります

両面テープで仮り留めをします

大きい方の上に小さい花びらを貼ります

時計にはめ込みます。

浮いている花びらはグルーガンでしっかり留めていきます

花びらが浮いていると針が引っかかってしまいます。
電池を入れて動くか必ず確認します。

3.棚受け、時計、蓋をアンティーク風に加工します

ダイソーさんの棚受けです

ブライワックスです!!

初使用です!!
嬉しいです!!

棚受け、時計をやすりでこすります。

布切れでブライワックスをつけます。

少量をちょん、ちょん、と付けてからのばしていきます。

鍋の蓋にも付けていきます。

いい感じになりました!!

付けすぎ注意です!!

4.ボンドとグルーガンで時計と蓋を固定します

こちらを使用しました。

鍋の蓋、時計両方にボンドを塗りました。

蓋の穴と時計の三角部分とを合わせて貼り付けます。

蓋の穴にチェーンを通すので、ずれないように注意して下さい。

しっかり押しつけて、最後はグルーガンでしっかり留めていきます。

ボンドが乾いたら時計部分を戻します。

このような状態になります!!

5.チェーンを付けて棚受けに掛けます

蓋の穴にチェーンを通します。

時計を設置したい場所に棚受けをつけます。

電動ドリルでしっかり穴を開けてから付属のネジで留めていきます。

ネジより一回り小さいドリルで穴を開けます。

ひっかけて、完成です!!

初めてブライワックスを使いましたがアンティーク加工がしやすいと思いました。
鍋の蓋が壊れたら!?是非作ってみて下さいね。

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

meniinii
フォローする

その他のmeniiniiのアイデア (23)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。