<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:425 DIY

つり下げ式☆服飾小物仕分け袋

目次
  1. 子供の靴下の混乱に秩序を!
  2. ふた(表・裏)と芯をカット
  3. 箱本体の布をカット
  4. 箱の内側にする布(ピンク)に仕切の印をつける
  5. 仕切の布をカット
  6. 仕切に両面接着芯を貼る
  7. 箱の底との接着面を折る
  8. 布用ボンドで
  9. 箱本体に接着していく
  10. 折り返し貼付
  11. 一列終了
  12. 次の線を貼る
  13. 余ったら切る
  14. 最後に角2つ分
  15. 全ての仕切が底に貼付できた
  16. 接着面を縫っていく
  17. 一列通して縫う
  18. 壁面との接着面を直角に曲げる
  19. 壁面に底に垂直な線を引く
  20. 仕切を壁面に付ける
  21. 仕切同士を縫い合わせる
  22. 四角い紙パックを利用して角を取る
  23. 仕切完成
  24. 底の裏
  25. 箱の底の角を作って縫う
  26. 箱の角(四隅)を縫う
  27. 箱の壁面に接着芯を貼る
  28. アイロンで仕上げる
  29. 紐をアイロン接着する
  30. 紐を縫う
  31. 本体に紐を付ける
  32. 紐の上から補強して縫う
  33. フタをキルティング化する
  34. フタを箱(一辺)に縫い付ける
  35. フタの表側を始末する
  36. フタ側のファスナーを付ける
  37. ファスナーの付け方
  38. 本体とフタを縫う
  39. このように
  40. 紐の反対側を本体に縫い付ける
  41. 紐が完成
  42. ファスナーの下側・内側の布(ピンク)を縫う
  43. ファスナーの本体側の仕上げ
  44. ファスナーの仕上げ方
  45. ファスナー付けの順番
  46. 二辺目のファスナー
  47. 本体表の角を仕上げる
  48. 完成
  49. 靴下をつめる
  50. 洗面所につり下げ☆
  51. 取り出しやすい♡

材料・道具

<材料>

綿布(50㎝四方)

3枚

綿布(32㎝四方)

2枚

ドミット芯(ダイソー)50㎝四方、32㎝四方

各1枚

ファスナー(90㎝)

1本

両面接着テープ(5㎝幅/ダイソー)

綿糸(ピンク、赤、緑、白)

各適量

スケール

<道具>

三角定規

待ち針 (10本)

子供の靴下の混乱に秩序を!

子供の靴下は数も多くて、引き出しに整理しても取り出すとすぐにごちゃごちゃになってしまいます。
履きたいものが見つからない、という訴えもあり…

そこで、仕切で分けて入れておく、ショルダーバッグ型の整理袋を思いつきました。

ふたはキルティング地に仕立てて、洗面所に置いても中味が見えないようにしました。
紐のない三辺にはチャックを付け、取り出しやすく。

好きな布をひたすらチクチク縫うだけ。中の仕切は布用ボンドでとめ、後で縫います。

ふた(表・裏)と芯をカット

フタになる表・裏布2枚と芯2枚(ふたと箱本体)を32㎝四方に布をカットします。

*フタ寸法30㎝四方+縫い代1㎝ずつの計算

今回表布はビンテージの切れ端で30㎝ギリギリしかなかったので、左側に別布を付けて寸法を合わせました。

箱本体の布をカット

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

手作業が大好き!

avispa
フォローする

このアイデアのタグ

その他のavispaのアイデア (24)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。