ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:591 DIY

和布で作るウサギ

目次
  1. 1.型紙を作りましょう。
  2. 2.接着芯を貼ります。
  3. 3.耳を作ります。
  4. 4.鼻を作ります。
  5. 5.頭を作ります。
  6. 6.尻尾を作ります。
  7. 7.胴を作ります。
  8. 8.手と足を作ります。
  9. 9.胴に足を付けます。
  10. 10.頭と手を付けて出来上がりです。

材料・道具

<材料>

和布

適宜

手芸綿

100g

白の毛糸(しっぽ用)

少々

フェルト(内耳用) 3cm×9cm

2枚

フェルト(鼻用)  4.5cm×5.5cm

1枚

アメリカンホック(目・ボタンでもOK)

2個

接着芯

適宜

1.型紙を作りましょう。

①頭は縦が15cm、横が16.5cmの楕円形です。鼻の中心は下端から6cmにしています。
②耳は長さ10cm、幅は下が4cm、最大幅は5cmです。内耳は1cm内側をなぞります。
③胴は最大幅15cm、長さ17cmです。
④尻尾は布で作る場合は12cm×12cmの丸にします。
⑤手は長さ9cm、幅5.7cmで両端を丸くします。
⑥足は長さ11.5cm、幅5.7cmで、これも両端を丸くします。

2.接着芯を貼ります。

① 材料の説明の写真です。
②表地に接着芯を貼り、周囲に0.7cmの縫い代を付けて裁ちます。
③頭と胴は2枚、耳は外耳が4枚、内耳が2枚です。
④手と足はそれぞれ4枚裁ちます。
⑤今回は尻尾を4.5cm直径のポンポンにしました。

3.耳を作ります。

①内耳を外耳に縫い付けます。
②外耳2枚を中表に合わせて、周囲を縫います。
③カーブの強い所は切り込みを入れてから表に返します。
④アイロンで形を整えます。
⑤柔らかい布で作るときは、耳に針金などを入れて形作ってください。

4.鼻を作ります。

①鼻の周囲をぐし縫いします
②糸を引いて丸くし、綿を詰めます。
③形を整えて、縫い止めておきます。

5.頭を作ります。

①刺繍糸で口を刺繍します。アウトラインステッチにしています。フェルトで作っても構いません。
②鼻を付けます。
③目を付けます。目は付ける物で表情も変わりますので、お好みで付けてください。
④顔が出来たら、下の方に綿入れ口を残して中表にして縫います。
⑤綿入れ口から綿を入れ、閉じておきます。
⑥耳を付けます。

6.尻尾を作ります。

①ポンポンメーカーを使いました。
②二組にそれぞれ100回くらい毛糸を巻き付けます。

③二組を組み合わせます。

④二組の隙間の所から、毛糸を切っていきます。
⑤全部切ったら、中心に糸を2回巻いて引き締め、ポンポンメーカーを取り外し、ポンポンを型作ります。

7.胴を作ります。

①胴のダーツを縫います。ダーツは幅3cm、長さは7cm。縫い代の割れるところまで割っておきます。
②ダーツの先に尻尾を付けておきます。
③頭を付ける部分を残して、中表に合わせて縫います。
④綿を詰めておきます。

8.手と足を作ります。

①手と足を綿入れ口を残して縫い合わせます。
②カーブの強い所は切り込みを入れます。
③縫い代は割った方が仕上がりが綺麗です。
④表に返して綿を入れ、綿入れ口をかがります。

9.胴に足を付けます。

①胴に綿を詰めたところです。
②綿入れ口は縫い合わせます。
③バランスを見ながら足を付けます。

10.頭と手を付けて出来上がりです。

①頭は少し前に出して付けます。
②手を重さのバランスなどを見ながら付けます。

③出来上がりです。
④横のサルはサイズを半分にしてフェルトで作りました。顔や尻尾を変えると、猫やクマも作れます。

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

着物リメイク作家

ほっぺ
フォローする

このアイデアのタグ

その他のほっぺのアイデア (9)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。