<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:658 ハンドメイド

繰り返し使える、道しるべ「タグ」

目次
  1. 1.型紙を作ります。
  2. 2.布を裁ちます。
  3. 3.縫い合わせます。
  4. 4.布の周りに切り込みをいれます。
  5. 5.布を裏返しします。
  6. 6.空いた部分をまつります。
  7. 7.飾りつけをします。
  8. 8.文字を付けます。
  9. 9.敷物にも活用

材料・道具

<材料>

適量

刺繍糸(お好みのカラー)

適量

型紙用の紙

1枚

<道具>

アイロン

鉛筆

チャコペン・チャコペルなど布に書けるもの

裁縫道具(針・糸・鋏)

自然素材のかごアイテムは、ナチュラルな風合いをもつ収納グッズとしてとても活躍します。

すっきりとお部屋は片付く半面、中に入れたものが分かりづらいこともしばしば。

そんな時に役立つ布製のタグを作ってみました。収納グッズに付けるので、中に何が入ってるのか?と「道しるべ」になり、また布なので繰り返し使うことが出来ます。

1.型紙を作ります。

リーフ型はちょっぴり歪んでもごまかしが充分効くのでとても重宝します。

おまけに自然素材にもしっくりと馴染むのでお勧めです。

紙にお好みの大きさ・形のリーフを描いて下さいね。写真はヨコ7㎝×タテ10㎝のリーフ型です。

2.布を裁ちます。

布を中表に合わせ型紙をのせて、印を付けます。

そしてその印から5ミリほど外側をはさみで布をカットします。

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

okoroom
フォローする

このアイデアのタグ

その他のokoroomのアイデア (14)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。