<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年05月06日  記事ID:666 ハンドメイド

100均材料で作る虫よけBOX

目次
  1. 幌馬車風
  2. 収納袋を上下に分断する
  3. ボックスのサイズに合わせる
  4. 両面テープで貼り付ける
  5. 飾りテープをつける
  6. 完成です。
  7. スクエアタイプ
  8. 収納袋の縫い目を解く
  9. 正面と側面2枚を縫い合わせて、縁取りテープをつける
  10. ファスナーの左右の長さを側面3枚と同じにする
  11. 補強布を移動させる
  12. ファスナーをつける
  13. 天井とファスナーをつなげる
  14. 天井布とファスナーの残りをつなげる
  15. 短い辺を縫い合わせる
  16. ファスナーの下端の始末
  17. ファスナーの上端の始末
  18. カーブの部分
  19. 虫よけ部分が完成
  20. 完成~

材料・道具

<材料>

衣類収納袋 幅32×奥行34×高さ23cm

1

収納ボックス(蓋なし) 25×25cm

1

飾りテープ 1m

1

両面テープ

1

ミシン糸

1

幌馬車風

縫い目を解かずに簡単に作る方法です。スクエアタイプは後半でご紹介します。

収納袋を上下に分断する

このままだと高さがありすぎるので、カットして使います。下から6cm程度のところに定規で線を引き、はさみで切りました。お好みのサイズで作ってくださいね。

ボックスのサイズに合わせる

収納袋のサイズを、ボックス25cmに合わせるため、タックをとってミシンで荒く縫ってあります。

両面テープで貼り付ける

ボックスと収納袋を両面テープで貼り付けます。先にぐるりと一周両面テープをつけるより、一辺ずつ作業した方が、あちこちくっ付かなくてやりやすいです。

飾りテープをつける

飾りテープも両面テープでくっつけます。

完成です。

中にさっそく果物を入れてみました。
ファスナーで開け閉めできるので、羽虫の侵入を防ぐことができます♪

下端のみボックスサイズに合わせたので、上の方は幌馬車のように広がっています。

スクエアタイプ

作るのに少し手間がかかりますが、タックがないので見た目がすっきりです。

収納袋の縫い目を解く

いったんバラバラにします。布は4枚のパーツに分かれていました。正方形のボックス25cmのぴったりサイズに仕上げるために、ハサミでパーツをカット。左右1cmずつの縫い代を足して、以下の寸法に。

41×27cm 1枚(天井~背面1枚)
16×27cm 3枚(ビニール正面1枚、左右側面2枚)

正面と側面2枚を縫い合わせて、縁取りテープをつける

配置は正面にする透明ビニールを中央にします。縫い代が表側へ出るように縫い、縁取りテープで隠します。

ファスナーの左右の長さを側面3枚と同じにする

ものさし、またはメジャーで測って同じ長さにカットします。しっかり生地を伸ばして測らないと、ファスナーの方が短くなりがちなのでご注意を。

補強布を移動させる

カットした端に、もともと付いていた補強布を移動させ、縫い直します。

ファスナーをつける

まずはファスナーの片縁のみミシンで直線に縫います。

天井とファスナーをつなげる

布とファスナーの中央を写真のように合わせて、左右が同じになるよう縫います。

天井布とファスナーの残りをつなげる

短い辺を縫い合わせる

ファスナーの下端の始末

縁取りテープを半分に折りたたんで、ファスナーの端に挟むようにして縫います。余ったテープは切ってください。

ファスナーの上端の始末

ファスナーの上端に縁取りテープをつけるときに、ついでにさっき縫った短い辺にもテープをつけます。

カーブの部分

カーブはしつけをすると、テープが外れずに縫えます。

虫よけ部分が完成

残りの工程は、最初の説明と同じです。

完成~

今度はボックスのサイズに合わせることができました♪

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

jintan
フォローする

このアイデアのタグ

その他のjintanのアイデア (14)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。