<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年04月22日  記事ID:672 ハンドメイド

プラバンでお花のガーランド

目次
  1. デザインを考える
  2. 型紙を作る
  3. 下書きを描く
  4. プラバンを切る
  5. 下書きを落とす
  6. フチにヤスリをかける
  7. 紙やすりをかける
  8. 色塗り道具の話
  9. 色塗り
  10. 穴を開ける
  11. プラバンを焼く
  12. 色の修正
  13. フチを塗る
  14. コーティングする
  15. 糸や紐を通す部分を作る
  16. 花の芯をビーズで作る
  17. 糸を通す
  18. 糸の処理
  19. 完成です!

材料・道具

<材料>

プラバン

ビーズ

ボールチップとつぶし玉

テグスやワイヤーなど

<道具>

ハサミ

油性ペン

除光液かシンナー薄め液

ダイヤモンドやすり

紙やすり

色を塗る道具

ニスなどのコーティング剤

穴あけパンチか彫刻刀の小丸刀

タオル

シリコンシート

手袋

クッキングシート



初心者向けを意識しすぎて文章量がやたらと多くなってしまいましたがご了承ください。
この色で書いてある文字は使用した製品のページにリンクしてあるので、必要があればご活用ください。


デザインを考える

色と形を考えます。
花の形には素材集を加工して使いました。

フリー素材を使ってもいいのですが、サイトにより規約が異なっているのでよく確認してください。
こちらは購入者に限り商用利用も可能なので、制作した物を販売する場合などに著作権の問題を起こさずに済みます。有料ですが質が高いですし、見ているだけで創作意欲が湧いてくるので何冊か持っておいて損はないかと。

型紙を作る

出来上がり寸法を考えてサイズを決めます。
隙間が無駄にならないよう目一杯並べて、
12cmが3枚、8cmが3枚、7cmが4枚作れました。
収縮率はプラバンによって違うのでよく確認してください。

今回使用したのは西敬プラ板B4サイズ0.35mmです。
5枚入りなので100均のものと比べると値が張るように見えますが、この製品を使うと曲がるなどの失敗がなく、収縮率のことを考えると結果的に値段はそんなに変わりません。厚みもしっかりしています。収縮率のはっきりした記述がないのですが3分の1ほどのサイズに仕上がります。

ダイソーに置いてあるのは4分の1か6分の1でしたので、大きく描いて小さく仕上げたい場合はそちらを使うのもありだと思います。ですが、100均のものは縦横きれいに同じ収縮率で縮まらないなどのデメリットがあるようなので、正円や正四角形など形にこだわるものを作る場合にはお勧めできません。

B4を出力できるプリンターを持っていないので、A4の2枚に分けて印刷してからくっつけました。
プリンターがない場合はコンビニプリントを利用するといいと思います。コンビニのコピー機ならB4も印刷できます。

下書きを描く

油性ペンでなぞっていきます。

プラバンを切る

ハサミの中間~奥で切るようにしましょう。
先の方で切ると、プラバンにヒビが入るので気をつけてください。

このハサミで切る作業のやりやすさを考えて購入するプラバンの厚みを薄めにする人も多いようです。

下書きを落とす

油性ペンのあとが残っているので、除光液などで落とします。

除光液は揮発性が高く、乾きやすいので何度も液を追加しなくてはなりませんが、塗料の薄め液(色塗りのところで後述します)を使うと数滴でガンガン落ちるので楽です。ですが人体用ではないので手袋などして使わないと手が荒れます。

フチにヤスリをかける

フチを削っていきます。そこまで神経質にやらなくてもいいですが、仕上がりに影響が出そうなガタガタしているところをなくします。
ダイソーのダイヤモンドヤスリを使いました。

紙やすりをかける

しっかり袖まくりをしてください。袖が真っ白になってしまいます。
出来れば防塵マスクをしてください。削りカスが肺に入ると危険です。
カスをまとめて捨てられる紙の上などでやるといいです。
掃除機で吸い取る準備をしておきましょう。こぼすと悲劇です。


細めに近い中目の#240と#180を使用したのですが、プラスチックを削るには#150あたりの粗さほうが楽だったかなと思います。

削るときには力を入れずにクルクルクルと回すように削っていってください。
力を込めて削ると最後まで体力が持ちません・・・なので力を入れなくても傷がつく少々粗目のものをおすすめします。

12cmの花を削ります。

こちらが表で削った部分にラメを入れようと思っています。

裏は全面削ります。

8cmの花を削ります。

こちらが表で花びらの外側に透明感を残したいと思ったので真ん中だけ削りました。

裏は全面削ります。

7cmの花を削ります。

12cmと同じように削った部分にラメを入れようと思っています。

裏は全面削ります。


プラバンに残った削りカスはデコピンの要領で落としましょう。

色塗り道具の話

ラッカー塗料についての蘊蓄が長々と続くのでペンや色鉛筆など使う場合は読み飛ばしてくださーい。

使用したのはプラモデル用の塗料です。プラモデル用の塗料にはラッカー、アクリル、エナメルと種類があり、それぞれメリットデメリットがあるのですが、とりあえずラッカーを選んでおけば間違いはありません。元がプラスチック用に作られているので、プラバンとも相性が良いです。ただ、匂いがキツいです。ペンキの匂いと油性ペンの匂いの間といったところでしょうか。

<道具>
必要な道具は薄め液塗料皿調色スティック、スポイトです。最低限薄め液とスポイトが必要です。メガネと使い捨て手袋とマスクもあるといいでしょう。

薄め液は塗料を薄める役割と、塗料を塗るために使った道具の掃除に使います。これが無いと塗る際に筆ムラが出来ますし、塗料は水で洗い落とせない(最悪水場に色がついたまま落ちなくなるし環境に悪い)ですし、落とさないままでいると筆がダメになります。

色々種類があるのですが、薄め液はエアブラシ用のものがおすすめ。乾燥がゆっくりで筆ムラが出来にくいです。
クレオスのエアブラシ用薄め液は400ml110mlがありますが、数滴ずつ使うものなので、筆塗りで手芸用の小物を作る場合は用具のお手入れに使用しても400mlは使い切らないと思います。110mlでも充分かと。コスパはいいですが。コスパだけで考えたらガイアノーツのブラシマスターのほうがよかったりします。どちらを使っても大丈夫です。臭気緩和タイプもあります。緩和されてると言いつつ他と比べてもちょっとシンナー臭が少ないような気がするな程度で刺激臭がすることには変わらないので好みで決めていいです。

塗料皿は傷がつきにくく塗料がきれいに落ちます。小皿なのでビーズなどを分ける時などにも活躍します。10枚入りでこの値段なのでお得。

ラッカーは使う前によくかき混ぜる必要があります。調色スティックは混ぜたり塗料を瓶から出すときに使います。似たようなものならなんでもいいですが専用のものなのでやはり手入れがしやすいです。かき混ぜにはメタルボールを2つほど入れて振るという手もあります。ラメなど下に沈みやすいものにはこちらを入れておくほうが楽です。

スポイトは薄め液を取り出すようなのでなるべく長いもののほうが少なくなってきた時にも対応できると思います。

メガネと使い捨て手袋とマスクはあったほうがいいです。揮発した溶剤が目にも喉にも染みます。

基本的にプラモデル用の商品の価格は店頭でも通販でもヨドバシカメラが一番安いです。Amazonには置いてなかったりします。

<塗料>
売り場などに行くと300種類も500種類もたくさんありすぎてどれを選べばいいかわからないと思います。
エナメル、アクリル、水性など書かれていないものがラッカーです。基本的にラッカーを選んでください。重ね塗りなどにこだわりたくなったら選択肢を広げるといいと思います。

まず買うといいものは色ノ源です純色シリーズでもいいです。イエローシアンマゼンタがあります。

これは調色用に作られたものなのでこれさえあれば何色でも作れます。普通のクリアカラーは暗色気味なのですが、これはどれだけ混ぜても濁らないので鮮やかな発色もいいです。透明感のあるクリアカラーになります。不透明にしたい場合はホワイトを混ぜてください。

油性ペンだけでは不透明に出来ませんし、ポスカでは塗膜が厚すぎるなんて時にラッカーは好きなように薄さ調節ができるので、画材に色々手を出すより物が少なくて済むと思います。

とりあえず3つ買って理想の色など行き詰まったら他の色を買い足していけばいいと思います。

メタリックカラーはラメなどのサイズが少しずつ違ったり実際に見ないとわからないことも多いので、店頭で瓶の底を覗いて確認したほうがよろしいかと。

基本的にクリアカラーは筆ムラができるので筆塗装には不向きとされていますが、プラバンには塗料を薄ーく薄めて色を薄ーくしか付けないので問題ありません。やっぱり削りを入れてない部分に綺麗に塗るには難しいかもなあと思いますが。
プラモデルに不透明カラーを筆塗りする場合 塗料1:1薄め液 で薄めるのですが、濃い色を出す必要がないし、広い範囲を塗ったり筆ムラの出来やすいクリアカラーを使う場合は 塗料1:2薄め液 でシャバシャバにするといいです。
3滴出したら薄め液を6滴など。数滴でだいぶ広い範囲が塗れるので、最初の頃は出しすぎずに様子を見て分量を増やしてください。

作りすぎたり、色を取っておきたい場合などはスペアボトルを持っておくとよいでしょう。6個単位で買うとケースがついてくるので収納にいいです。


画像は色の濃さなど確認のため実験した残骸です。切れ端の有効活用!


筆塗りでメタリックは難しいかなあと思ったのですが、削りを入れたことによって均等にラメが落ちてくれました。
パールカラーもいけるかな?と試してみたのですがこちらは無理でした。焼いたらごまかせるかと思ったのですが偏りが目に見えますし、削った部分では綺麗に輝きが出ませんでした。エアブラシを使えばいいのですが装備を集めると1万円ほどかかるので安易におすすめはできませんし、注意事項も書ききれないので割愛します。簡易エアブラシというものもあります。調色できませんがスプレータイプもいいかと。


今回は画像右側の青とピンク、ラフシルバーラフゴールドを使います。

塗料1:2薄め液で薄めてあります。

色塗り

塗料を使う場合はよく換気してください。
臭気でクラクラしたら休憩を取りながら作業してください。
汚れてもいい紙を敷いてください。
メガネと手袋とマスクをしてください。
使い終わった塗料は絶対に水に流さないでください。

12cm花の全面削った裏を筆で塗ります。

縮むと色が濃くなるので予想より薄めの色を塗りましょう。乾きが早いので手早くスーッと伸ばすように塗ってください。

端を削った表にゴールドを塗ります。(最終的に焼いたあとシルバーに塗り直しました)

8cm花の全面削った裏をグラデーションになるように塗ります。

中央を削った表にシルバーを塗ります。

7cm花の全面削った裏を塗ります。

色を濃くしようと思っているうちに下が乾いて重ね塗りを続けるうちによれてムラが出来てしまいました・・・

でも大丈夫!

薄め液を垂らして拭けば落とせます。

左が薄め液で拭いたもの、右が一度塗りのものです。あまり違いがわかりませんがムラは消せました。

専用の薄め液でここまで落ちないということは一度削りの溝に落ちた塗料は何があっても落ちないということなので色落ち防止のコーティングをしなくてもセーフなのでは?というポジティブな見解も出来ます。削り無しのツヤツヤした状態では落ちるんですけど。

そのまま焼いてもパステルカラーで可愛かったかもしれませんが少し青を混ぜて塗り直しました。

表の削った部分にゴールドを塗ります。

これで色塗りは終了です。

塗料や道具の汚れは薄め液で溶かしてティッシュに染み込ませて捨てます。綺麗に拭いて置かないと後で困ることになります。

再三言いますが絶対に水に流さないでください!

普通にゴミ箱に捨てるとシンナー臭がするので口をしばれるものに入れるといいです。
私は使い終わった手袋にまとめて入れて捨てています。

穴を開ける

穴あけパンチだと穴が大きすぎるし、きりだと穴が小さすぎて塞がってしまう上に周りが割れてしまうし、電動リューターは粉塵が出るからあまり使いたくないし・・・と思ったので彫刻刀を使いました。
そもそも持っているパンチでは中央まで届かなかったので使わざるを得ませんでした。小丸刀を使いました。


小丸刀を縦にして垂直にグッグッと円を描き何回か押し付けるようにすると、ポロッと取れます。

切り取ることを意識してやってください。削り取ろうとしたり、まだくっついているのに無理矢理引っ張って取ろうとするとプラバンが割れます

専用のマットか折りたたんだ新聞などを敷いて下を柔らかめにしてください。机や下敷きなど硬いものの上では刃が沈み込まないので切り取れません。

プラバンを焼く

オーブントースターのトースター機能を使いました。

220度で余熱する。

キッチンペーパーに乗せる。
入り口近くに置いておいたほうが取り出しやすいです。複数枚同時作業は無理なので1枚ずつ焼いていきます。

丸まってもプラバン同士がくっつくことはないので落ち着いて見守る。
持ち上げた時に水飴状に伸びる場合は完全に焼き過ぎです。切れ端などでタイミングを確認しておきましょう。

1分も経たないうちに縮み切ります。

左手の装備はタオルの上にシリコンシート。

100均の伸ばして何度もコップのラップ代わりに使えるやつです。サイズがちょうどいい。

ツヤツヤの面を上にしておきます。

右手の装備は手袋(おそらく綿)。

これも100均のやつです。そんなに分厚くないですがプラバンを触るだけならちょっと熱いかも程度で大丈夫でした。

縮み終えたら直接手袋で掴んで取り出してシリコンシートの上に乗せます。
危ないと思ったら箸で取り出してもいいです。箸で掴もうとしているうちに成形しないまま冷めて固まってしまったことがあるので気をつけてください・・・

右手の親指で真ん中を押さえつつ、左手で包み込むようにしてくるくる回しましょう。

親指を強く押し付けすぎるとやっぱり熱いです!

焼き立てはふにゃふにゃして平らに戻ろうとするので成形出来ませんが、すぐに冷めて固くなってしまうので手早くやりましょう。

花びらを包み込むような角度にしたいので、先に焼いた小さい方を大きい方に乗せて握りました。

熱々でも溶けてくっつくことはないです。

色の修正

焼き上がりを見て思ったよりゴールドの色が合わないかな?と思ったので薄め液で落とします。

落ちませんでした。ですよね。

一度削りの溝に落ちた塗料は何があっても落ちないパート2です。

上からシルバーを塗りました。薄っすら黄色さが見えるのもこれはこれで。

フチを塗る

フチに薄めた塗料を使うとガンガン垂れてしまうので、薄め無しのそのままの濃さでペタペタ乗せていきました。

コーティングする

色塗りは塗膜が厚い素材のほうが剥がれやすいです。ポスカやアクリル絵の具など。
これを保護するためにコーティングをします。

薄い塗料は色落ち問題的には必要ない気がしますが、メタリックのラメなどは光の反射が一定に入ったほうがキレイに見えるのでコーティングが必要になります。

選択肢はレジン、ニス、クリアスプレーといったところです。

厚めにぷっくりさせたいならレジン、素材の材質そのままの厚みにしたいならクリアスプレー、ニスはその中間です。

今回はスプレーとニスを使いました。

スプレーは油性ペンなどを使った場合水性アクリルトップコートを使わないと溶けてしまいます。こちらは何の素材にも使えますが、とにかく乾燥が遅いです。表面は1時間ほどで乾きますが、乾いているように見えても内側まで完全に乾くのには一週間かかると言われています。指の跡をつけないように気をつけてください。

溶剤系スプレーは1時間ほどで完全に乾燥しますが、ラッカー塗料で塗ったものにしか使えません。

横にスライドするようにスッスッとかけてください。かけ過ぎはよくないです。

外で吹かないといけなかったり、湿気の多い日にやると白く濁る(詳しくは『白かぶり トップコート』で検索してください)などの弱点がありますが、仕上がりはきれいです。慣れたら一番楽かもしれません。

基本的に片方ずつ作業していけば問題はないのですが、一度にかけすぎて乾燥するまでどこにも置いておけない・・・なんてことになったら爪楊枝に挿してザルなどに挿しておくといいと思います。

裏面とフチにはニスを使いました。二度塗りすると削りでザラザラしていた部分がつやつやになります。(材質を使い分ける必要はないのですが、一番手に入りやすく手軽なので一応説明のために使っておこうかと)

ニスはシーラーを使ってますが厚塗り用なのでとにかく液体が硬いです。盛る時にはこれくらいでないとダメですが。たっぷり塗って伸ばすようにしないと筆ムラが出来てしまいます。
ウルトラバーニッシュのほうが使いやすくて人気みたいですね。

スプレーとニスには光沢(グロス)、半光沢、つや消し(マット)があります。

メタリックと透明感を目立たせたいものには光沢、そのままだとプラスチックらしくて安っぽいかも?と思ったものには半光沢、フチのメタリックがギラギラしすぎてるなと思ったところにはつや消しを使いました。

好みで選んでください。

糸や紐を通す部分を作る

Tピンを通すつもりでしたが花びらが立体だと曲げる作業が大変だったので、ワイヤーを使うことにしました。

結び目を作ります。

裏にスパンコールや座金を通すとおしゃれです。

最後に通すつもりの糸や紐が2本分通るような穴のビーズを選択してください。

横から紐を通せるように、穴が横になるよう固定します。

表に戻して結び目を作ります。

結び目はなるべく小さくして余分な部分は切りましょう。

花の芯をビーズで作る

花のサイズにちょうどいい大きなビーズをひとつ、それの周りを囲み込める個数の小さなビーズをいくつか用意してください。

もちろんこのまま接着剤でくっつけてもいいですが今回はテグスで形を固定します。

テグスに小さいビーズの半数の個数と大きなビーズを入れます。

小さなビーズが奇数の場合は最初に入れる方をひとつ減らしてください。

テグスの片方をクルッと小さいビーズに通して左右に引っ張ります。

残りの小さいビーズを通して

最初に入れた小さいビーズに通します。

最後にテグスの両端を大きなビーズに通してしっかり左右に引っ張ります。

わかりにくいので動画にしました

ハリのあるテグスを使っていると穴が大きいビーズは解けてしまうのでその場合はワイヤーを使うといいでしょう。

余分な糸を切って完成です。

大きなビーズに接着剤をつけて花にくっつけます。

小さなビーズの部分が浮くので立体感が出ます。

糸を通す

80cmほどのナイロンコートワイヤーを3本用意しました。

端をテープなどで止めます。

その中の1本に印をつけます。

3本をABCとして印をつけたものをBだとするとAB、次をBCまた次をAB、BC、ABと2本ずつ繰り返して通していきます。

図にするとこんな感じ

赤いのが印をつけた一本です。

すると縦にしても滑り落ちなくなります。

後ろのビーズの穴が大きすぎて隙間があったので最終的に6本通すことになりました・・・

糸の処理

ボールチップを通し、つぶし玉を通します。

つぶし玉を潰したらボールチップで挟んで丸カンをつけます。

これを両端にしてください。

完成です!

画鋲などで丸カンを壁に固定してください。

お疲れ様でした!

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

みつまる 2016-04-22 19:59:22

avispa コメントありがとうございます~! 色塗りの作業以外は道具も100均で揃いますし、少々手間はかかりますが実際作ってみると見た目ほど難しいことはしていないので、ぜひお好きなようにアレンジして作ってみてくださいね!(^v^)

avispa 2016-04-22 10:28:34

初めましてavispaです。華やかで素敵な作品ですね!私は実用的なものしか作らないので(笑)今回も応募はしないですが、懐かしのプラバン、やってみようかな〜なんてちらっと思ったのに、こんな作品を見てしまったらあっさり「上手な方にお任せしよう」と思いました。取りかかる前に見て良かったです♪今後も自分には作れないものを見てみたいです☆

サンバスタイル忍者

みつまる
フォローする

このアイデアのタグ

その他のみつまるのアイデア (2)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。