<お知らせ>
3月をもってワークテーブルはWEBOO
統合されます。
退会された方以外はの会員情報は引き継がれますので、そのままご利用可能となります。
WEBOOはこちらhttp://weboo.link/

ワークテーブル

2016年07月29日  記事ID:837 ハンドメイド

IKEAの木箱をアンティーク風にリメイク

目次
  1. IKEAの木箱をヤスリかけ
  2. 塗料を塗る前にキズをつける
  3. 塗料を塗る
  4. アンティークリキッドを塗る
  5. 完成

材料・道具

<材料>

IKEAの木箱

Buttermilk Paint バターミルクペイント(水性)

適量

Antiquing Liquid アンティークリキッド(油性)

適量

紙ヤスリ #240

<道具>

刷毛 万能用

金槌

塗料受け皿

IKEAの木箱をヤスリかけ

かなり前に購入したIKEAの木箱。表面がザラザラしているので、まずは塗料が染み込むように、ヤスリがけをします。

今回、IKEAの木箱の見えない部分のヤスリがけをしない場合、どの程度塗料が染み込むか試してみました。

...予想通りヤスリがけをしないとムラが出てしまい塗料がうまく馴染みませんが、ザラついた味の味のある雰囲気になるのでまた別の木材でも試したいと思います。

塗料を塗る前にキズをつける

写真では分かりづらいかもしれませんが、アンティークっぽさを出す為に傷を金づちでつけます。

バターミルクペイントを使うのがはじめてなので、どのような味になるかチャレンジです。


さてどうなるかな?

このアイデアを詳しく見るには
無料登録が必要です。
今すぐ無料登録

アイデアが参考になったら
「いいね!」しませんか♪

SKAPA FURNITURE
フォローする

このアイデアのタグ

その他のSKAPA FURNITUREのアイデア (7)もっと見る

ご意見・ご要望をお気軽にご投稿ください!

返信をご希望される方はお問合せよりご連絡ください。